鼻孔縁挙上術と埋没法をやった私の体験談

あぁやっぱりやって良かった

鼻孔縁挙上術 | 鼻孔縁形成(びこうえんけいせい)|六本木シエルクリニック

アイプチして二重の自分は見慣れていたけど、嫌いな団子鼻が、鼻筋の通った小振りなものになってて、夢にまで見た顔がここにあるぞと感動したのを今でも思い出せます。
そこからの行動は早くて、トータル40万円の手術代を貯金からおろしてお支払い、仕事も辞めて失業保険で生活していたのでダウンタイムも充分に取れるし、担当の先生になる早のスケジュールでお願いしますと依頼しました。
整形は怖いと思う人が多いと思いますが、経験者としては「そうでもないよ」ではなく「まさにそうだよ」と答えています。
どのクリニックを選んだらベストか、どんな顔にするのが良いのか、施術前は選択の連続なのに、やり直しがきかないからプレッシャーはとてつもなく判断力は低下するし。
整形後は整形後で、顔が死ぬほど痛くて眠れないし、顔が突っ張ってご飯が食べられない。
腫れ上がった顔を鏡で見て、何で高いお金払ってこんな事しちゃったんだろうって泣いたりもしました。
泣くと腫れてる目が真っ赤になって翌日パンパンになるから、私本当に頭悪いなぁって、情けないやら悔しいやらでまた泣くの繰り返しです。
ですが、だんだんと腫れも引いて痛みも薄れて、テーピングも取れて来ると、あぁやっぱりやって良かった、と満足感と高揚感でいっぱいになるんです。

私が受けた整形あぁやっぱりやって良かった整形業界の仕事に携われたらと前向きに頑張ってます