鼻孔縁挙上術と埋没法をやった私の体験談

整形業界の仕事に携われたらと前向きに頑張ってます

私が受けた整形あぁやっぱりやって良かった整形業界の仕事に携われたらと前向きに頑張ってます

自分を鏡で見るたびにトラウマになるぐらいコンプレックスがあった顔が、理想通りに改善されてるのは何よりも嬉しいものでした。
モニターで見た顔がここにあるぞ、と毎日喜びを噛み締めてます。
手術前は緊張で吐いちゃったりして看護師さんに迷惑かけたし、整形したこと自体を後悔もしたけれども、それ以上に得た喜びも大きく、満足しています。
また整形の技術に対して興味も湧き、勉強を始めていたりします。
私のような悩みを抱える人の手助けが出来るように、整形業界の仕事に携われたらと前向きに頑張ってます。

#鼻孔縁形成術 に下降術と挙上術の2種類が存在する。


鼻孔縁下降術、鼻孔縁挙上術の手術を高い分けることができれば、軟骨移植の選択肢ではないオプションを取ることが可能。

#鼻中隔延長 だけを頭に入れていた方は参考にしていただければ幸いです。
pic.twitter.com/nSpQPlgsM3

— 二重整形の名医相談窓口🏥目整形、埋没法、全切開、目頭切開、眉下切開、眼瞼下垂の失敗やDT (@seikeibaby) September 24, 2020